朝鮮半島・習近平体制に関する緊急シンポジウムのご案内


「緊迫する朝鮮半島情勢と習近平・中国の行方」
主催:中嶋嶺雄研究会、後援:一般財団法人アジア・ユーラシア総合研究所

日時:2018年3月17日(土)午後1時30分〜午後4時45分 
    終了後、会場内で懇親会
会場:桜美林大学四谷キャンパス(東京都渋谷区千駄ヶ谷1-1-12、☎5413-8261)
場所:最寄り駅:JR中央線・千駄ヶ谷駅、地下鉄副都心線・北参道駅。地図参照。
参加費:2000円

■パネリスト (アイウエオ順)
(1) 井尻 秀憲・東京外国語大学名誉教授(現代中国・台湾)
(2) 伊豆見 元・東京国際大学国際戦略研究所教授(朝鮮半島)
(3) 小原 凡司・笹川平和財団上席研究員(中国軍事・安全保障問題)
(4) 小西 克哉・国際教養大学大学院客員教授、キャスター(米国政治)
(5) 小針 進 ・静岡県立大学教授(現代韓国社会論)
(6) 曽根 康雄・日本大学教授(中国経済・香港)
(7) 濱本 良一・国際教養大学教授(現代中国・東南アジア政治経済)
                        
■開会あいさつ 
■前半:緊迫する朝鮮半島情勢■
冒頭 報告(1)=伊豆見元「最新の朝鮮半島情勢」
   報告(2)=小針進「最近の韓国情勢をめぐって」
 司会=小西 克哉  パネリストの討論と会場からの質疑応答

  <休憩 10分間>

■後半:習近平・中国の行方■
冒頭 報告(1)=井尻秀憲「習近平“一強体制”の今後と日中関係」
   報告(2)=曽根康雄「中国経済の現状と将来」
司会=濱本 良一   パネリストの討論と会場からの質疑応答

■閉会あいさつ
■懇親会 午後5時〜6時30分 会費 3000円 (希望者のみ)

プログラムPDFはこちら
申し込み・問い合わせ先 http://www.nakajimaworks.com/
<Works Nakajima Mineo 諸論説>
会場地図 http://www.ioc.u-tokyo.ac.jp/~nagasawa/images/Oberlin_sendagaya.pdf

掲載期日 2018年3月17日


戻る