シンポジウム・上映会


喪失の中の祈りと覚悟―映画が映す東南アジアの内戦・テロと津波・震災


内戦・テロや自然災害などによって、突然予期せぬ形でもたらされた喪失を経験した社会は、その喪失をどのように受け止めてきたか。バリ島爆弾テロ事件を題材にした『天国への長い道』、インドネシアから独立した東ティモールを舞台とした『ベアトリスの戦争』、そしてスマトラの津波からの復興過程にあるアチェを舞台とする『海を駆ける』をもとに、災いを経験した人々が喪失をどのように受け止め、再び立ち上がっていこうとしているのかを考えます。

【日時】 2018年5月18日(金)13:45〜20:30
【会場】 国際交流基金 ホール[さくら](東京都新宿区四谷4-4-1)
【プログラム】
13:45 開会
14:00〜16:00 参考上映(1) 映画『天国への長い道』
16:15 シンポジウム
報告1「語り得ぬ痛みを分かち合う:テロの語りへの挑戦」
    西芳実(京都大学)
報告2「紛争はいかに語り継がれるのか:女たちの経験」
    亀山恵理子(奈良県立大学)
特別ゲスト:深田晃司(『海を駆ける』映画監督)
モデレーター:山本博之(京都大学)
18:40〜20:30 参考上映(2) 映画『ベアトリスの戦争』
【参加費用】入場無料・予約不要 定員100名
【主催】 混成アジア映画研究会 国際交流基金アジアセンター
【協力】 京都大学東南アジア地域研究研究所
科研費プロジェクト「物語文化圏としての東南アジア」

上映作品の詳細情報等はホームページをご参照ください。
http://personal.cseas.kyoto-u.ac.jp/~yama/film/event/20180518laut.html

[掲載期日] 2018年5月19日まで


戻る