日本国際フォーラム公開ウェビナー


2035年の中国ー坂の上の雲か坂の下の淵か


この度、日本国際フォーラム(JFIR)は、慶應義塾大学現代中国研究センターおよび防衛研究所と共催で、3月14日(月)に下記要領にて公開ウェビナー「2035年の中国ー坂の上の雲か坂の下の淵か」を開催いたしますので、ご案内申し上げます。
 中国は、2035年までに経済規模、国際的影響力、軍事力、国民生活などすべての面において先進国並みの水準に達するとの目標を立て、着実な進展をみせています。しかしながら、最新の中国を論じた予測では、2030年代にGDPで米国を越える一方で、2060年代には再び米国に抜かれるといわれており、中国の発展が果たして恒常的なものなのかどうか、私たちは上り坂の中国だけでなく下り坂になった場合の中国も視野に入れた長期的な視点を持つことが必要になっています。
 本ウェビナーは、中国を長期的に展望する手掛かりを得るために、杉浦康之・防衛研究所主任研究官、小嶋華津子・慶應義塾大学現代中国研究センター長、真家陽一・名古屋外国語大学教授の3名の中国専門家より、軍事、社会、経済面から報告を受け、さらに高原明生・東京大学大学院教授、飯田将史・防衛研究所地域研究部米欧ロシア研究室長、渡邉真理子・学習院大学教授の3名の専門家からコメントを受け、徹底討論いたします。

 ※本ウェビナーは、当フォーラムが令和2年度年より加茂具樹・当フォーラム上席研究員(慶應義塾大学総合政策学部教授)主査のもと、幅広い分野の日本の中国研究者を糾合して実施している研究プロジェクト「変わりゆく国際秩序における日本の外交戦略―中国の対外行動分析枠組みの構築を踏まえて―」(https://www.jfir.or.jp/studygroup/sg3/)の一環として実施するものです。

  • 日 時:2022年3月14日(月)15時から16時45分まで(Zoom開室は14時55分から)
  • 開催形式:オンライン形式(Zoomウェビナー)
  • プログラム:
    15:00-15:10 開会挨拶 
     渡辺 まゆ  JFIR理事長
    15:10-15:40 報告 
     杉浦 康之  防衛研究所・地域研究部中国研究室主任研究官
     小嶋 華津子 慶應義塾大学現代中国研究センター長・法学部教授
     真家 陽一  名古屋外国語大学教授
    15:40-16:05 コメント
     高原 明生  東京大学大学院法学研究科教授
     飯田 将史  防衛研究所地域研究部米欧ロシア研究室長
     渡邉 真理子 学習院大学経済学部教授
    16:05-16:35 自由討議(質疑応答)
    16:35-16:45 総括 
     加茂 具樹  JFIR上席研究員/慶應義塾大学総合政策学部教授
    ※モデレーター:加茂 具樹 JFIR上席研究員/慶應義塾大学総合政策学部教授
  • 参加費:無料 ※定員になり次第締め切りとさせていただきますので、お早めにお申込ください。
  • 申込方法:webフォーム3月13日(日)正午までにお申し込み下さい。お申込みいただいた皆様には、会合までにメールにて、Zoom参加URL、パスワード等の詳細を送信いたします。
問合先:jfir@jfir.or.jp(担当:菊池)

[掲載期日] 2022年3月14日まで


戻る