日本国際フォーラム緊急座談会


「ロシアのウクライナ侵攻を考える:国際社会に与えた衝撃と今後の課題」


ロシアによるウクライナ侵略は、戦後築かれた国際秩序の根幹を揺るがす深刻な事態であります。国際社会、そして日本はこの事態をどのように考え、向き合っていくべきなのでしょうか。日本国際フォーラムは、この事態を受け、下記要領による緊急座談会を開催致します。

【開催要領】
1.日時:3月8日(火)17時半〜19時
2.形式:Zoomによるオンライン
3.主催:日本国際フォーラム
4.共催:「ユーラシアダイナミズムと日本外交」研究会
     「ロシアの論理と日本の対露戦略」研究会
5.後援:北海道大学スラブ・ユーラシア研究センター
6.参加費:無料 ※定員になり次第締め切りとさせていただきますので、お早めにお申込ください。
7.プログラム
 開  会:渡辺 まゆ JFIR理事長
 議事進行:渡邊 啓貴 JFIR上席研究員/帝京大学教授
 報 告A :松嵜 英也(7分)津田塾大学専任講師
 報 告B :袴田 茂樹(7分)JFIR評議員/安全保障問題研究会会長
 報 告C :廣瀬 陽子(7分)JFIR上席研究員/慶應義塾大学教授
 報 告D :常盤  伸(7分)JFIR上席研究員/東京新聞外報部次長
 報 告E :宇山 智彦(7分)北海道大学教授
 報 告F :杉田 弘毅(7分)共同通信特別編集委員
自由討論:参加者全員(30分)
閉会:渡邊 啓貴(5分)JFIR上席研究員/帝京大学教授
8.申込方法:webフォーム(https://forms.gle/91yThHhMdGwaqY3G8)からアクセスし、3月7日(月)午後5時までにお申し込み下さい。お申込みいただいた皆様には、会合までにメールにて、Zoom参加URL、パスワード等の詳細を送信いたします。

[掲載期日] 2022年3月8日まで


戻る