日本国際フォーラム緊急公開セミナー


「ウクライナ戦争はアジアに飛び火するのか」


ロシアによるウクライナ侵攻は、戦後築かれた国際秩序の根幹を揺るがす深刻な事態であり、国際社会に衝撃を与えています。他方でアジア各国においては、ウクライナ情勢を注視するとともに、これがアジアにもたらす影響、特に台湾と中国の関係や朝鮮半島情勢に飛び火する可能性についても懸念するものであります。そこで日本国際フォーラムは、台湾の徐斯勤・台湾大学教授、韓国の崔慶原・常葉大学准教授、また日本の中国専門家である松田康博・東京大学教授、北朝鮮専門家である礒ア敦仁・慶應義塾大学教授をパネリストにお招きし、本テーマについて徹底討論いたします。モデレーターは伊藤剛・日本国際フォーラム上席研究員/明治大学教授が務めます。

  • 日 時:2022年3月28日(月)16時30分から18時30分まで(Zoom開室は16時25分から)
  • 開催形式:オンライン形式(Zoomウェビナー)
    「Zoomウェビナー」とは、各自のパソコンやスマートフォンから簡単にご参加いただけるオンライン会議システムです。会合までにメールにて、Zoom参加URL、パスワード等の詳細を送信いたします。
  • 使用言語:日英同時通訳
  • プログラム: PDF
  • 参加費:無料 ※定員になり次第締め切りとさせていただきますので、お早めにお申込ください。
  • 申込方法:webフォームからアクセスし、3月28日(月)正午までにお申し込み下さい。お申込みいただいた皆様には、会合までにメールにて、Zoom参加URL、パスワード等の詳細を送信いたします。
[掲載期日] 2022年3月28日まで


戻る