アジア政経学会・定例研究会のガイドライン(2013〜15年期)

 2013年10月12日理事会決定

  1. アジア政経学会は、若手会員による研究のレベルアップを目的に、定例研究会を設ける。
  2. 理事長、研究企画および定例研究会の担当理事により構成される運営委員会は、定例研究会の企画と実行を担当する。
  3. 若手会員とは原則として、博士前期・博士後期課程の大学院生や、大学院修了後まだ常勤の教育研究職に就いていない者を指す。
  4. 定例研究会は理事会の開催に合わせ、年3回程度開催する。
  5. 定例研究会は原則として、理事会を開く前の2時間で理事会と同じ場所で行う。 
  6. 報告者は会員から募集し、運営委員会はその選考に当たる。 
  7. 定例研究会で行った報告は、年次大会での報告申し込みも可とする。 
  8. 学会は、遠方からの報告者に対して交通費を補助する。ただし、補助の基準等は別途定める。

アジア政経学会会員各位

アジア政経学会 第21回定例研究会の報告者募集のお知らせ

第21回定例研究会を開催いたします。

第21回定例研究会
日時:2018年12月22日(土)13:00〜14:50
場所:東京大学本郷キャンパス

 つきましては,同研究会(1人当たりの報告時間は30分,質疑応答を含め全体で50分程度)の報告希望者を下記の要領で募集いたしますので,ふるってご応募ください。2名3名の報告者を募ります。
 なお,首都圏以外からの報告者のうち大学等の定職に就いていない方に対しては往復の交通費(報告者の最寄り駅と東京駅の間の往復鉄道運賃,もしくは最寄りの空港と羽田空港との間の往復航空運賃)を学会が負担いたします。

〈募集要領〉

  1. 申し込み方法:氏名,所属,報告テーマならびに報告要旨(800字以内)を下記の運営委員会宛にe-mailにてお送りください(添付ファイルは使用せず,メール本文にテキストで記して下さい)。
  2. 締め切り: 2018年11月1日(木)
  3. 採否の決定:採否は研究企画委員会が決定し,応募締め切り後,1週間以内に通知します。また,同委員会が報告テーマに相応しいコメンテーターを設定します。
  4. ペーパー・資料の提出:採択された場合には,フルペーパーもしくは詳細なレジュメ・資料を提出してください。提出期限は、12月16日(日)とします。
  5. 申し込み・問い合わせ先:
      定例研究会運営委員会
      磯崎典世・大庭三枝:teikikenkyukaijaas(@ )icloud.com
      *(@)を@にかえてください。

以上