アジア政経学会 第17回定例研究会開催のお知らせ
アジア政経学会会員各位

アジア政経学会 第17回定例研究会開催のお知らせ

 本学会若手会員の研究レベルの向上を目的として実施しております。定例研究会の第17回研究会を下記の要領で開催いたします。ふるってご参加ください。

日時:2016年3月26日(土)13:00〜14:50
場所:東京大学本郷キャンパス 赤門総合研究棟5階549室
交通アクセス http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/map01_02_j.html
構内マップ http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam01_08_02_j.html

  1. 報告1: (13:00〜13:50)

    報告者:杜世鑫(青山学院大学国際政治経済学研究科)
    題 目:1956年のポーランド危機とハンガリー動乱における中国共産党の対外行動
    討論者:青山瑠妙(早稲田大学)

  2. 報告2:(14:00〜14:50)

    報告者:有澤雄毅(慶應義塾大学大学院法学研究科)
    題 目:中華人民共和国の首都は如何にして北京になったのか?―政治指導者の国家形成と首都に係る認識1945-1949年―
    討論者:菱田雅晴(法政大学)

申し込み・問い合わせ先:
定例研究会運営委員会:jaasconference1314〔@〕yahoo.co.jp(〔@〕を@に変えてお送りください)

以上