■会員新作情報
 

発行年月順に掲載しております。
2012年 2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 2006年

 
伊藤正子会員
戦争記憶の政治学―韓国軍によるベトナム人戦時虐殺問題と和解への道   著書名:戦争記憶の政治学―韓国軍によるベトナム人戦時虐殺問題と和解への道
著者:伊藤正子(京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科)
発行年月:2013年10月11日
出版社名:平凡社

ベトナム戦争で韓国軍が虐殺行為を行っていた−『ハンギョレ21』の告発は韓国世論を戦慄させ、事実の解明と謝罪を求めるNGOの活動と、「正義の戦争」に拘泥する保守派の反発を招いた。一方、被害者であるはずのベトナム政府は経済発展を優先し、事件を封印している。戦争をめぐる記憶のあり方は、同様の問題をいまだ抱える日本にも新たな視座を提供する。

 
鈴木隆会員、田中周会員、小原江里香会員、角崎信也会員
転換期中国の政治と社会集団   著書名:転換期中国の政治と社会集団
著者:鈴木隆(愛知県立大学)・田中周(早稲田大学)編
発行年月:2013年10月
出版社名:国際書院

エリートと大衆、都市と農村の断層などを抱えながら、中国は劇的な変化を続けている。本書ではさまざまな専門領域・問題意識から社会集団の変化の実態を明らかにし、社会の側から国家・社会関係の変容を考察する。

 
遠藤正敬会員
戸籍と国籍の近現代史 民族・血統・日本人   著書名:戸籍と国籍の近現代史 民族・血統・日本人
著者:遠藤正敬(早稲田大学)
発行年月:2013年9月30日
出版社名:明石書店

日本国家は歴史的に「国籍」のみならず「民族」「血統」といった概念を、「戸籍」という装置を用いて操作してきた。戸籍は東アジアにおける伝統的な身分登録制度であるが、これが近代日本においていかにして「日本人」をめぐる対外的・対内的な境界線を多層的に形成し、「日本人」を支配してきたのか。その一方、人の越境的移動が活発化し、多様な「血」の混淆が進行する近代社会のダイナミズムに際して戸籍による「国民」統合はいかなる矛盾を抱えてきたのか。日本独自ともいわれる戸籍制度の存在意義を問うことによって、「民族」「血統」とは、そして「日本人」とは何であるのかを再考する。

 
嶋田晴行会員
現代アフガニスタン史−国家建設の矛盾と可能性   著書名:現代アフガニスタン史−国家建設の矛盾と可能性
著者:嶋田晴行(JICA南アジア部)
発行年月:2013年07月30日
出版社名:明石書店

9.11以降、再び世界の注目を浴びるようになったアフガニスタンは、元々「国家」としてのまとまりがある領域ではない。ではなぜ欧米や国連といった国際機関、そして日本は国家建設を支援してきたのか?それにもかかわらず、なぜその試みは成功しないのか?主に2001年以降の「アフガニスタン」の国家建設とそれへの支援を題材に、「国際社会」と呼ばれる外部の理念と当地の現実との乖離を浮き彫りにすることを目指した書である。

 
舛谷鋭会員、豊田三佳会員、高安健一会員、駒見一善会員
シンガポールを知るための65章   著書名:シンガポールを知るための65章
著者:田村慶子(北九州市立大学)
発行年月:2013年5月25日
出版社名:明石書店

初版『シンガポールを知るための60章』、第二版『シンガポールを知るための62章』に続く第三版である。この第三版では、シンガポールの歴史、社会、文化、暮らし、経済、政治や国際関係など従来の内容に加え、2011年5月総選挙とその後の政治変動、政府の近年の文化振興政策によって盛んになった演劇、映画、文学についての章を加味して、より充実したものとなった。「シンガポール地名あれこれ」や「シンガポール初の五輪選手」など短いコラムも6つ掲載している。

 
田村慶子会員
多民族国家シンガポールの政治と言語:「消滅」した南洋大学の25年   著書名:多民族国家シンガポールの政治と言語:「消滅」した南洋大学の25年
著者:田村慶子(北九州市立大学)
発行年月:2013年3月26日
出版社名:明石書店

シンガポールで1956年に開学して1980年に「消滅」した、南洋大学という私立の華語大学(華語を主な教育言語とする大学)の歴史的役割と意義を、独立へ向かうイギリス自治領シンガポールおよび、独立シンガポール国家の生き残り政策と国民統合政策、隣国マラヤ連邦(後のマレーシア連邦)や植民地宗主国イギリスとの関係、アジア冷戦の深化という国際関係のなかで、分析した研究書である。

遠藤 元会員
Diversifying Retail and Distribution in Thailand   著書名:Diversifying Retail and Distribution in Thailand
著者:Endo Gen(遠藤 元・大東文化大学
発行年月:2013年2月
出版社名:Silkworm Books

This book analyzes Thailand's retail structure in the light of its entire distribution system, examining how changes have affected not only horizontal, competitive relationships between modern and traditional retailers, but also vertical relationships with manufacturers and wholesalers. Rather than focusing narrowly on the urban middle-class consumer market, he considers the markets' income differentials-the "mosaic structure"-which is an indispensable framework for discussing the retail and consumption practices of an emerging economy.

 
会員の皆様。
新作を是非こちらのページで紹介させてください。(kajitani<at>econ.kobe-u.ac.jp)までお送り下さい。(<at>を@に変更のうえ、ご送信ください) 申込書:WORD

なお、ここで掲載の対象とするのは、1) 申請日から過去2年以内に発行され、2) アジア政経学会会員が著者、共著者、編者である国内外で刊行された本です。一般には入手困難な報告書類、会員の名前が著者・共著者・編者として表紙に記載されていないもの、会員が翻訳・監修しているだけのものは当面掲載対象と致しませんので、あしからずご了承ください。(この点についての判断は広報担当の方で行うことをご了承ください。)

発行年月順に掲載しております。