■会員新作情報
 

発行年月順に掲載しております。
2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 2006年

 
梶谷懐会員
日本と中国、「脱近代」の誘惑―アジア的なものを再考する   著書名:日本と中国、「脱近代」の誘惑―アジア的なものを再考する
著者・編者:梶谷懐(神戸大学大学院経済学研究科)
発行年月:2015年06月
出版社名:太田出版

日中の安全保障上の緊張と、いま復活しつつある脱近代の思想「アジア主義」は無縁でない!グローバル資本主義にかえて「脱近代による救済」を訴え、「八紘一宇」や「帝国の復権」が露出する時代に、社会の息苦しさの原因を「外部」に求めない思想と行動の探究。

 
朴根好会員
韓国経済発展論―高度成長の見えざる手   著書名:韓国経済発展論―高度成長の見えざる手
著者・編者:朴根好(静岡大学)
発行年月:2015年03月
出版社名:御茶の水書房

本書は、『韓国の経済発展とベトナム戦争』(御茶の水書房)の続編にあたるものである。比較経済発展論という手法に基ついて、1960年代におけるインドの工業化停滞と韓国の経済的奇跡という「同時性」に焦点を合わせながら、近年公開されたアメリカと韓国の外交文書を丹念に読み解き、ベトナム戦争が両国の工業化の明暗にいかなる影響を与えたのかを学際的に分析したものである。

 
三重野文晴会員
金融システム改革と東南アジア 長期趨勢と企業金融の実証分析   著書名:金融システム改革と東南アジア 長期趨勢と企業金融の実証分析
著者・編者:三重野文晴
発行年月:2015年02月
出版社名:勁草書房

東南アジアでは東アジアと異なり金融と工業化との間の「かい離」が基盤的構造となった。その点から、東南アジアでは、金融システムの構造を決めているのは資金需要サイドであり、金融システムの構造変換は資金需要サイドを決める実物部門の構造変化に依存するところが多い。この点で本書は従来からの視点を転換する必要性を訴える。

 
伊藤正子会員、中野亜里会員、遠藤聡会員
原発輸出の欺瞞―日本とベトナム、「友好」関係の舞台裏   著書名:原発輸出の欺瞞―日本とベトナム、「友好」関係の舞台裏
著者:伊藤正子(京都大学)・吉井美知子(沖縄大学)
発行年月:2015年02月
出版社名:明石書店

東南アジア諸国のなかで唯一、日越両政府によって合意され、本格的に実行に移されようとしている日本からベトナムへの原発輸出について、日越双方の背景と問題点を解明する。輸入する側のベトナムの知識人(ハノイと原発建設地ニントゥアン省出身者)も執筆。

 
丸川知雄会員、梶谷懐会員
超大国・中国のゆくえ4 経済大国化の軋みとインパクト   著書名:超大国・中国のゆくえ4 経済大国化の軋みとインパクト
著者:丸川知雄(東京大学)・梶谷懐(神戸大学)
発行年月:2015年02月
出版社名:東京大学出版会

世界第二位の経済規模を誇り,経済超大国に向かって急速に台頭する中国.経済成長は持続するのか.国内にどのような軋みを抱え,海外にいかなるインパクトを及ぼしているのか.不確実性とダイナミズムに満ちた中国経済の実像に迫り,そのゆくえを展望する.

 
会員の皆様。
新作を是非こちらのページで紹介させてください。(jaas.members<at>gmail.com)までお送り下さい。(<at>を@に変更のうえ、ご送信ください) 申込書:WORD

なお、ここで掲載の対象とするのは、1) 申請日から過去2年以内に発行され、2) アジア政経学会会員が著者、共著者、編者である国内外で刊行された本です。一般には入手困難な報告書類、会員の名前が著者・共著者・編者として表紙に記載されていないもの、会員が翻訳・監修しているだけのものは当面掲載対象と致しませんので、あしからずご了承ください。(この点についての判断は広報担当の方で行うことをご了承ください。)

発行年月順に掲載しております。