■会員新作情報
 

発行年月順に掲載しております。
2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年 2009年
 2008年 2007年 2006年

 
遠藤正敬会員
戸籍と無戸籍−「日本人」の輪郭 著書名:戸籍と無戸籍−「日本人」の輪郭
著者:遠藤正敬(早稲田大学台湾研究所)
発行年月:2017年05月
出版社名:人文書院

近代日本において無戸籍者の存在は、家制度をはじめ徴兵、治安、福祉などに関わる政治・社会問題であると同時に、戦争、移民、引揚げに関わる国際問題であった。そして現代では家族生活の多様化、海外定住者の増加に伴い、戸籍の必要性そのものが問われている。無戸籍者の歴史的変遷を辿ることで「日本人」の輪郭を改めて捉え返す。

 
森一道会員
台頭する「ポスト華南経済圏」〜“脱・経済”を目指す中国改革開放の新たな地平 著書名:台頭する「ポスト華南経済圏」〜“脱・経済"を目指す中国改革開放の新たな地平
著者:森一道(New Asian Invesco [Hong Kong] Ltd.)
発行年月:2017年04月
出版社名:芙蓉書房出版

1980年代後半から約10年間、主に中国広東省と香港が構成する「華南経済圏」が注目された。しかし2007年から当時の汪洋広東省党委書記(現副首相)の下で経済成長至上主義を退けつつ人間個々の幸福の実現を施政目標とする「華南政策」が、すぐれたサービス業の発展条件を持つ香港の関与を手段として試行されている。同政策は習近平体制の下でも新型城鎮化政策として全国レベルでも展開されているとの考えから、同政策の形成、進捗状況などを香港の政治状況との関連から論述。

 
鈴木隆会員,西野真由会員,大島一二会員,諏訪一幸会員,福田保会員,田中周会員
現代アジア学入門:多様性と共生のアジア理解に向けて 著書名:現代アジア学入門:多様性と共生のアジア理解に向けて
著者:鈴木隆(愛知県立大学) 西野真由(愛知県立大学)
発行年月:2017年04月
出版社名:芦書房

国際社会でアジアの存在感は日々増しているが,歴史や領土をめぐる軋轢により,アジア諸国とわが国との協力発展は,なお多くの課題を抱えている。だが日本の将来は,アジアのなかの日本として,アジア太平洋の発展をめざす道にこそある。本書は文学,歴史学,法学,国際関係論,経済学,経営学などの視点から,中国,台湾,東南アジア,中央アジア,その他新興国の歴史と現状をとりあげ,現代アジア研究の概説書として未来を展望する。

 
阿古智子会員、大澤肇会員、王雪萍会員
変容する中華世界の教育とアイデンティティ 著書名:変容する中華世界の教育とアイデンティティ
著者:阿古智子(東京大学) 大澤肇(中部大学) 王雪萍(東洋大学)
発行年月:2017年03月
出版社名:国際書院

激しく変動する中華世界(中国、台湾、香港)において、人々はアイデンティティをどのように形成しているのだろうか。学校、家庭、コミュニティ、サイバー空間における教育の理念と実践を、歴史と現在を見据えて分析する。

 
川島哲会員
経済統合と通商秩序の構築 著書名:経済統合と通商秩序の構築
著者:川島哲(金沢星稜大学)
発行年月:2017年03月
出版社名:晃洋書房

メコン川流域地域へ日本企業が21世紀以降進出を始め、ミャンマーについては2011年民政後に新たな国づくりが行われ間もない。このような中日本企業がまた北陸企業が今後いかに関わっていくのかについて解説。

 
会員の皆様。
新作を是非こちらのページで紹介させてください。(jaas.members<at>gmail.comまでお送り下さい。(<at>を@に変更のうえ、ご送信ください) 申込書:WORD

なお、ここで掲載の対象とするのは、1) 申請日から過去2年以内に発行され、2) アジア政経学会会員が著者、共著者、編者である国内外で刊行された本です。一般には入手困難な報告書類、会員の名前が著者・共著者・編者として表紙に記載されていないもの、会員が翻訳・監修しているだけのものは当面掲載対象と致しませんので、あしからずご了承ください。(この点についての判断は広報担当の方で行うことをご了承ください。)

発行年月順に掲載しております。