アジア政経学会・定例研究会のガイドライン
2013年10月12日理事会決定
  1. アジア政経学会は、若手会員による研究のレベルアップを目的に、定例研究会を設ける。
  2. 理事長、研究企画および定例研究会の担当理事により構成される運営委員会は、定例研究会の企画と実行を担当する。
  3. 若手会員とは原則として、博士前期・博士後期課程の大学院生や、大学院修了後まだ常勤の教育研究職に就いていない者を指す。
  4. 定例研究会は理事会の開催に合わせ、年3回程度開催する。
  5. 定例研究会は原則として、理事会を開く前の2時間で理事会と同じ場所で行う。 
  6. 報告者は会員から募集し、運営委員会はその選考に当たる。 
  7. 定例研究会で行った報告は、年次大会での報告申し込みも可とする。 
  8. 学会は、遠方からの報告者に対して交通費を補助する。ただし、補助の基準等は別途定める。

アジア政経学会会員各位

第31回定例研究会の報告者募集のお知らせ

第31回定例研究会を下記の日程で、オンラインで開催いたします。

日時:2022年12月17日(土)15:00〜17:00(予定)
(時間は、報告者の人数によっては前後に延びる可能性もあります)

定例研究会の報告希望者を下記の要領で募集いたします。
本研究会は、「若手会員による研究のレベルアップ」を目的としておりますので、若手会員の応募を歓迎します。
入会手続きと同時に報告者としてご応募いただくことも可能ですので、会員の方は周囲にお声がけください。
一人当たりの報告時間 は30分以内、質疑応答を含め全体で50分程度です。

〈募集要領〉

  1. 申し込み方法:所定の応募用紙をダウンロードし、必要事項を記入して、下記の運営委員会宛てにe-mailでお送りください。
    定例研究会応募用紙:ダウンロード
  2. 締め切り:2022年11月26日(土)
  3. 採否の決定:採否は運営委員会が決定し、 応募締め切り後、1週間以内に通知します。同委員会が報告テーマに相応しいコメンテーターを設定します。
  4. ペーパーと資料の提出:採択された場合には、フルペーパーもしくは詳細なレジュメ・資料を提出してください。提出期限は、12月7日(水)とします。
  5. 申し込み・問い合わせ先:
    定例研究会運営委員会:tako19710528〔@〕gmail.com
    *(@)を@にかえてください。

担当:阿古智子・寳劔久俊

以上